このエントリーをはてなブックマークに追加

医療保険で備えよう

もしもに対して備えるのが、保険となっています。
社会保険もあれば、民間保険もあり、社会保険であれば、一定の条件を経ていれば、強制加入となります。
企業組合の社会保険であれば、雇用関係によって、加入条件が変わりますが、非正規雇用の場合、基本的に長期であれば、加入することになります。
しかし、民間保険であれば、自由意思であり、加入するか否かは、人によりけりとなっています。
もちろん、医療保険も、民間保険として提供されています。
しかし、厚生労働省のホームページでは、医療保険というコンテンツがあり、社会保険の中の医療関連のものについて、説明しています。
これを鑑みれば、医療保険にも、公的なものと民間があると言えます。
しかし、通常、医療保険と言えば、民間企業が提供しているもののようです。
このため、このサイトでも、これを前提にお話しています。
さて、そんな医療保険にも、種々のものがあります。
特定の病気に限定されたもの、あるいは、加入者が限られているものがあります。
たとえば、がん保険であれば、その名の通り、がんを対象とした保険です。
また、特定疾病保険というものがあり、がんを含め、脳卒中、あるいは、心臓疾患などを含めたものがあります。
あるいは、女性保険というものがあり、女性しか加入できない保険があります。
しかし、いずれにも共通しているのは、入院保障となっています。
通常、治療については、社会保険の健康保険が適用されます。
しかし、一部の医療保険では、治療を保障しているものがあります。
そうは言っても、通常の病院であれば、社会保険が適用されるようになりますが、医療保険であれば、自由診療が対象となります。
たとえば、がん保険であれば、先進医療を保障対象としています。
しかし、これは例外のようなものであり、基本的には、医療保険では、治療を保障としていません。
近年では、生活習慣病に対する意識が強くなり、多くの人が医療保険に興味関心を持っているようです。
中には、もしもに際し、加入をしています。
以前であれば、保険と言えば、知り合いの勧めや勧誘を受けたためという人も多かったようですが、今では主体的に加入する人が多いようです。
保険に対する意識が高くなったのと同時に、インターネットが大きな影響を及ぼしているのでしょう。
保険会社のサイトにアクセスすれば、保険内容を簡単に把握できるようになっているのが、一般的であるようです。
このサイトでは、こんな医療保険にスポットを当て、総合的な解説を試みています。
重要点ばかりを集めたつもりですので、何らかのお役にたてるようであれば、誠にうれしい限りです。
Copyright (C)2019医療保険で病気に備える!.All rights reserved.